毛深い悩みを解消したい女性たちへ > 多毛症の原因と治療

卵胞ホルモン薬【プレマリン】

プレマリン錠0.625mg

このお薬は卵胞ホルモンを含むホルモン剤で、女性ホルモンの「卵胞ホルモン」を補うお薬です。

古くからある代表的な卵胞ホルモン薬(エストロゲン)で、体内で活性のエストラジオールに転換されて効果を発揮します。

続きを読む

毛深いこととステロイドの関係

部分的に毛深いということで悩まれている方はいませんか?

ステロイドの副作用が毛深いことの原因にもなるということで、ステロイドの副作用の
中にに毛がのびて濃くなる
というものがあるのです。

ステロイドは例えば、かゆみ止めやアトピーなどの治療に使われるお薬です。

続きを読む

多毛症の治療法【抗アンドロゲン療法】

アンドロゲン治療とは、過剰なアンドロゲンによる症状を緩和させるための療法、
つまり男性ホルモンを抑えるホルモン療法の一種です。


多毛症の原因と治療でもふれていますが、多毛症は女性ホルモンと男性ホルモンに
大きく影響する病気です。
続きを読む

抗男性ホルモン物質【アンドロキュアー】について

毛深い原因、多毛症の原因である男性ホルモン

それを抑制する抗男性ホルモン物質でアンドロキュアーというものがあります。

続きを読む

「特発性多毛症」と「続発性多毛症」 治療法の違い

一般的に男性ホルモン(アンドロゲン)依存症の発毛が認められる場合、
多毛症と呼ばれていますが、「多毛」といっても毛の本数が増加するわけではなく、
軟毛やうぶげが肥大化、あるいは硬毛へと変化していくものです。

多毛症は、原因不明の「特発性多毛症」と原因疾患を伴った「続発性多毛症」に分類
されます。
続きを読む

低容量ピルを服用できない人

多毛症の治療にも効果的な【低容量ピル】という記事の続編です。

低用量ピルには以下の症状に対して効果があると言われてます。

続きを読む

真性の多毛症、仮性の多毛症

他の人より毛深い・・・多毛症では?と思っているあなたへ。

多毛症には真性と仮性があると言われています。

日本人は人種的に体毛が太く、色が黒いため、ちょっと手入れを怠ると、大変目立つため
本来多毛症でないのに多毛症と勘違いしている人が多いのです。
続きを読む

多毛症に効果のある【スピロノラクトン】の作用と副作用

多毛症にスピロノラクトンが有効という記事を書きましたが、
スピロノラクトンとはいったいどんなお薬なのか?

ということで調べてみました。
続きを読む

毛深い、多毛症と不妊の関係

毛深いと不妊症になりやすいというわけではありません。

多毛症の原因のひとつ、多嚢胞性卵巣症候群であった場合、多嚢胞性卵巣の

7割の女性は排卵に問題をおこすため、不妊症になる可能性が高くなるというものです。
続きを読む

多毛症の治療にも効果的な【低用量ピル】

ピルは毛深さを緩和するという記事の続編です。

ピルとは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを配合した錠剤を服用することにより、偽似的な妊娠状態を作り出し、排卵を抑える避妊方法です。
続きを読む

多毛症の原因

1 体質的な多毛症 (特発性多毛症)

2 副腎の異常 (先天性副腎過形成(副腎酵素欠損症)、クッシング症候群、副腎腫瘍など)

3 卵巣の異常 (多嚢胞性卵巣、卵巣腫瘍など) ・・・

続きを読む

多毛症の原因 2

一般に、女性に見られる多毛症の原因としては特発性多毛症と卵巣の病気である

多のう胞性卵巣で全体のほぼ95%以上を占め、あとの疾患は比較的まれです。

しかし、まれに男性ホルモンが異常高値を示す場合には卵巣がんや副腎がんの

可能性もあります
続きを読む

多毛症にスピロノラクトーンが有効

10代から20代前半にかけて急に毛深くなったのなら多毛症が考えられます。

多毛症とは、女性の体毛が異常に多い状態をさし、女性なのに男性のように顔や

体の毛が過度に成長することをいいます。

続きを読む

多毛症の原因のひとつ【多嚢胞性卵巣症候群 】

多嚢胞性卵巣症候群(スタイン‐リーヴェンサール症候群)は、卵巣組織の空洞内に

液体が たまった嚢胞と呼ばれる構造が多数生じ、卵巣が腫れて大きくなる病気です。

男性ホルモン(アンドロゲン)の濃度が高くなる傾向もみられます・・・

続きを読む

多毛症の治療

多毛に対しては一般的に皮膚の除毛療法が行われますが、さらに飲み薬による

薬物療法を追加すると効果が増大します(これには健康保険は使えません)。

また、副腎、卵巣、あるいは下垂体の異常が認められた場合には、これらの臓器の

異常自体に対する治療(健康保険が適用されます)が必要となります・・・
続きを読む

多毛症とは?

体毛が極度に多い状態、特に顔や胴体(男性のように)、手足の体毛が多い状態を

多毛症といいます。意外に感じられるかもしれませんが、多毛症は医学的には婦人科の

病気の1つです。多毛症は女性ホルモンと男性ホルモンの異常から起こります。
続きを読む

This website is powered by Movable Type 3.3