毛深い悩みを解消したい女性たちへ > 多毛症の原因と治療 > 多毛症とは?

多毛症とは?

体毛が極度に多い状態、特に顔や胴体(男性のように)、手足の体毛が多い状態を多毛症といいます。意外に感じられるかもしれませんが、多毛症は医学的には婦人科の病気の1つです。多毛症女性ホルモン男性ホルモンの異常から起こります。


閉経後の女性には多毛症が多くみられますが、これは女性ホルモンの減少によるものです。下垂体や副腎の異常により男性ホルモン(テストステロンなど)が過剰につくられ、多毛症を引き起こすこともあります。多毛以外にも男性的な特徴が強く現れることもあります(男性化)。


また、多嚢胞(たのうほう)性卵巣症候群が原因となることもあります。まれに、卵巣の腫瘍(しゅよう)、晩発性皮膚ポルフィリン症(皮膚にみられるポルフィリン症の1種)などの病気や、タンパク同化ステロイド、コルチコステロイド、ミノキシジルなどの薬の使用によっても起こることがあります。


血液検査で男性ホルモンと女性ホルモンの濃度を調べることがあります。原因の疑いがある薬は使用を中止します。一時的な解決法としては、毛をそる、毛を抜く、脱毛用ワックスや各種の脱毛剤を使用するなどの方法があります。


処方薬であるエフロルニチンの局所用クリームを使用することもあります。この薬は体毛が伸びるのを遅くして、顔の不要な毛を徐々に減らすのに役立ちますが、一時的に皮膚を刺激するため皮膚が赤くなったり、ヒリヒリしたりチクチクしたり、発疹ができたりします。


毛が細ければ漂白するのも効果的です。レーザー光線療法は一時的には効果があります。安全で永久的な唯一の方法は、毛包を破壊する電解法(電気脱毛)です。多毛症の原因となっている病気がある場合は、可能であれば治療します。


メルクマニュアル医学百科家庭版より


毛深い悩みを解消したい女性たちへ「多毛症とは?」についてでした。



ブックマークに追加する
サイト内検索

新着記事
毛深いとお悩みで脱毛を考えてる女性に

フェミークリニック

毛深いと悩んでいて医療レーザー脱毛を考えている方、全身の脱毛を真剣に考えている方におすすめのクリニックのご紹介です。

どの部分がおすすめかというと・・・

まず、開院10周年を迎え、医療レーザー脱毛の症例数が80000症例を超えていること、脱毛の最新機械をそろえているので、その人の毛質にあった治療をしてくれること。






管理人プロフィール

よろしければどうぞ
My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader