毛深い悩みを解消したい女性たちへ > 多毛症の原因と治療 > 低容量ピルを服用できない人

低容量ピルを服用できない人

多毛症の治療にも効果的な【低容量ピル】という記事の続編です。

低用量ピルには以下の症状に対して効果があると言われてます。

1.多毛症の改善

2.脱毛症(男性型脱毛症、円形型脱毛症等)の改善

3.にきびの改善

4.月経に伴う諸症状の改善:月経痛、月経前症候群

5.子宮内膜症

6.多嚢胞性卵巣症候群

7.更年期障害の諸症状の改善

8.卵巣のう腫良性乳房腫瘍、子宮外妊娠の予防

9.骨組しよう症の予防


しかし、下記のような方は服用できません。

1.エストロゲン依存性腫瘍(例えば乳癌子宮体癌子宮筋腫)、子宮頸がん及びその疑いのある人

2.診断の確定していない異常性器出血のある人

3.35歳以上で1日15本以上の喫煙者

4.前兆(閃輝暗点、星型閃光等)を伴う偏頭痛の人

5.血管病変を伴う糖尿病患者(糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症等)

6.重篤な肝障害がある、または肝腫瘍のある人

7.重度の高血圧者

8.妊婦又は妊娠している可能性のある女性

9.授乳婦

10.思春期前の女性


(低容量ピルは婦人科などで処方してもらえます。)

毛深い悩みを解消したい女性たちへ「低容量ピルを服用できない人」についてでした。



ブックマークに追加する
サイト内検索

新着記事
毛深いとお悩みで脱毛を考えてる女性に

フェミークリニック

毛深いと悩んでいて医療レーザー脱毛を考えている方、全身の脱毛を真剣に考えている方におすすめのクリニックのご紹介です。

どの部分がおすすめかというと・・・

まず、開院10周年を迎え、医療レーザー脱毛の症例数が80000症例を超えていること、脱毛の最新機械をそろえているので、その人の毛質にあった治療をしてくれること。






管理人プロフィール

よろしければどうぞ
My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader