毛深い悩みを解消したい女性たちへ > 多毛症の原因と治療 > 「特発性多毛症」と「続発性多毛症」 治療法の違い

「特発性多毛症」と「続発性多毛症」 治療法の違い

一般的に男性ホルモン(アンドロゲン)依存症の発毛が認められる場合、
多毛症と呼ばれていますが、「多毛」といっても毛の本数が増加するわけではなく、
軟毛やうぶげが肥大化、あるいは硬毛へと変化していくものです。

多毛症は、原因不明の「特発性多毛症」と原因疾患を伴った「続発性多毛症」に分類
されます。

特発性多毛症は多毛症全体の約5割を占めており、血液中の男性ホルモンは正常ですが、
皮膚のアンドロゲン感受性が亢進しています。

一方、続発性多毛症特発性多毛症と病態が異なり、男性ホルモンが過剰に
産生されて います。多嚢胞性卵巣症候群が原因とされることが多いです。


多毛症の治療では、脱毛クリームなどを使った対症療法に加え、ホルモン療法も広く行われ
ます。具体的には、卵巣におけるアンドステロン産生の抑制を目的に経口避妊剤(低用量ピルなど)が 投与されるケースが多く、スピロノラクトンも比較的よく使用されます。


特発性多毛症の治療は、体質的・遺伝的な多毛が多いため、四肢の硬毛は男性ホルモンの
依存性が低いので、脱毛剤を使う方法や医療レーザー脱毛や電気脱毛を行わなくては
難しいとされています。


続発性多毛症の治療は、男性ホルモンレベルを下げるホルモン療法で治療できるものと
されています。


いずれにせよ、原因をはっきりとさせて、適切な治療を行うことが大切ですね。
毛深い悩みを解消したい女性たちへ「「特発性多毛症」と「続発性多毛症」 治療法の違い」についてでした。

ブックマークに追加する
サイト内検索

新着記事
毛深いとお悩みで脱毛を考えてる女性に

フェミークリニック

毛深いと悩んでいて医療レーザー脱毛を考えている方、全身の脱毛を真剣に考えている方におすすめのクリニックのご紹介です。

どの部分がおすすめかというと・・・

まず、開院10周年を迎え、医療レーザー脱毛の症例数が80000症例を超えていること、脱毛の最新機械をそろえているので、その人の毛質にあった治療をしてくれること。






管理人プロフィール

よろしければどうぞ
My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader