毛深い悩みを解消したい女性たちへ > 永久脱毛 > 永久脱毛の原理

永久脱毛の原理

体の一部である毛は、毛を作る細胞の働きで毛が作られます。

もともとは体毛は身体を守るために生えてきているものです。
その毛が濃かったり太かったりで悩まれている方が多いのですが。

永久脱毛はその毛を作る細胞を熱で破壊するというものです。

細胞は主にタンパク質で、そのタンパク質は65℃〜70℃以上の熱で破壊されるといいます。
毛の細胞が破壊されると二度と毛は生えてこないので、永久脱毛となるわけです。

その熱を出す方法として、

1.光の熱を利用する
2.電気の熱を利用する

ものがあります。

光を利用する方法には医療レーザー脱毛やIPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛があり、
電気の 熱を利用する方法には絶縁針(電気針)やブレンド法があります。


エステサロンでもIPL脱毛は行われていますが、ほとんどのエステサロンの機器が
医療レーザー ほどのパワーを出せないので、脱毛そのものの効果は医療レーザー脱毛
ほどは期待できないと 言われています。


*永久脱毛、医療レーザー脱毛については医療レザー脱毛サーチもご参照下さい。
レーザー脱毛前に読んでおきたい口コミサイト集もあります。

ブックマークに追加する
サイト内検索

新着記事
毛深いとお悩みで脱毛を考えてる女性に

フェミークリニック

毛深いと悩んでいて医療レーザー脱毛を考えている方、全身の脱毛を真剣に考えている方におすすめのクリニックのご紹介です。

どの部分がおすすめかというと・・・

まず、開院10周年を迎え、医療レーザー脱毛の症例数が80000症例を超えていること、脱毛の最新機械をそろえているので、その人の毛質にあった治療をしてくれること。






管理人プロフィール

よろしければどうぞ
My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader